意外と多いって知ってた?

さてさて、今日では市が先導した「婚活パーティー」なんてのもするくらい、世の中では婚活がブーム。・・・・ブームなのかな?

返せば「出会いが少ない」ってことなのかもしれません。今の世の中、とにかく女性の社会進出が目覚ましい。悪い事ではないと思いますが、それだけ仕事に熱中する女性が多くなったってことは、婚期を逃す女性が多いってこと。

「まだまだ仕事が楽しいから」「結婚しなくても1人でやっていける」

なんて思ってるうちはいいとして、気が付くと30を超え40目前。このころになると心境が変化し、「いつまでもこのまま1人なのかな・・・・」なんて焦るそうです。女性の社会への貢献度が上がるのはいいのですが、それが転じて少子化・・・なんて本末転倒な。

てな感じで、恋愛経験の少なさからか、思いもよらぬ相談を持ちかけられる事が結構あります。今までにも多かったのは、交際相手の性への悩み。

「これこれこういう感じなんだけど、彼って包茎なの?」なんて相談をされちゃいます。なぜ私に・・・・なんて思っちゃうけど、それが周囲の私に対する印象なのかなぁ。間違っちゃいないけどw

確かに、恋愛経験の少ない女性だとそのあたりの知識は疎くてしょうがないかも。私だって真性やカントンはすぐわかりますが、仮性ってなるとどこからどこまで、どの程度かってのは判断し辛いのが本音。

婚活なんかで親しくなり、いざ・・・・って時に、心無い一言や行動を取らない為にもある程度の知識って必要かもね。

とくに日本人の男性の場合、かなりの割合でなんらかの「包茎」である事が多いそうです。男性全員にリサーチする事は不可能ですので、あくまでも参考程度ですが、5割以上の男性が該当するのだとか。

そうだとするならば、みなさんのお相手ももしかしたらそうかも。最初からそのつもりでいれば、少しは気が楽かな。あとは出来るだけ間違った知識をみにつけ、相手を気づ付けないようにしましょうね。


TOPPAGE  TOP