真性は難しい?

さてさて、事態は意外と深刻なのかもしれません。

うーん。こればっかりは私も経験ないからなぁ。未経験なのになぜ?って思うかもしれませんが、経験がないだけで意外と知識はあったりするもんで。まるでテレビの解説者みたいですねぇ。実績ないけど口はダスヨッ!って感じかなw

まあ真性包茎の方とのお付き合いは、双方の理解が必要でしょうねぇ。そもそも女性は元から包茎については知識的にも疎い。「えっ?それってどんなんなの?」って女性が多いでしょう。そりゃ当然。だってついてませんからねぇ本来w

男性にしてみれば深刻なんですよ。だって簡単にいいますと、通常時も勃起した時も、亀頭が露出せず皮で包まれているのが真性です。その理由も一つではないのですが、場合によっては亀頭と皮がくっついちゃってる場合もあるのだとか。

つまり、手動でも剥けないのですね。もちろん無理矢理って手もありますが、痛みを伴ったり炎症なんかの可能性も。それに早い段階でなんとかしとかないと、成長そのものに影響を与える場合もあるようです。皮が成長を妨げ、形が先細りってパターンもあるとか。

要因は色々あるようですが、遺伝ってのもあるようですね。幼少期の状況も左右される可能性がありますし、様々です。

では真性包茎の場合、実生活にどう影響があるのか、ですが、まず勃起しても亀頭が皮で被われているってことは、48時間いつでもってことになりますよね。もともと亀頭のカリ部なんかは恥垢とよばれるカスが溜まりやすい部分。

仮性であっても清潔にしておかないとこのカスが溜まり、炎症なんかの症状を起こす場合もありますし、何より性交渉の時なんか女性に不快感を与えてしまうでしょう。だって恥垢ってバイキンタップリでしょうし、匂いもキツイですよ。

真性の場合はその危険性がもっと高いってことですね。だからこそクリニックなんかでもそうですが早期の治療が勧められてるわけです。そのままでも生きていけますよ。確かに。ただそれだけで良いのか悪いのかは本人次第ですね。

私なら・・・・・・って思っちゃいますけど。


TOPPAGE  TOP