恥ずかしい?男の悩み

とっても恥ずかしがり屋な男の子たち。そんな彼らの悩める性の相談をされる事がよくあります。相談の内容は、まあ幅広く色々ありますが、中でも多いのが「包茎」についての相談。こういうのって「友達にしろよっ!」って思うかもしれませんが、意外と私のような部外者にこそ相談が多いんですヨ!

なぜなら性の悩み、特にこの手の事は「恥ずかしくて近い人達に知られたくない」という気持ちが先行するからなんです。だってそうですよネ?毎日顔をあわせる友人にばれちゃうと、会うたびに「あいつって包茎なんだよな~」なんて思われてないかもうビクビク。

確かに、その気持ちはわかります。そしてその負い目が普段の行動を委縮させたりしてしまうわけです。モノがモノだけに、自信の喪失に繋がってしまうってわけですね。

確かに、「仮性」はともかく、「真性」や「カントン」の場合、女性からの目線だと正直嫌がられてしまいがちです。ここは率直にドマンナカ、嫌です。でも愛情ってそれだけではありませんし、ソコも含めてあなたの事を愛してくれる人を探せばいいだけのこと。

かといって交際を考えている人に「真性だけど付き合って」なんてどこのコメディ?って話ですよね。

後々の事を考えると、やはり包茎は早めに治療をした方がいいと思います。仮性の人はその度合いにもよるでしょうが、真性やカントンの人はとにかく早めに。どのみち治療することになると思いますので、とっととクリニックにいったほうがいいと思います。

恥ずかしい。それはよくわかりマス。でも、この日本におけるその悩みをもつ男性はそれこそ星の数。あなただけではないのです。この先の人生、または今現在、思いを寄せる異性がいるとするならば。そういった部分で負い目や二の足を踏まない為にも決断はお早目に。


TOPPAGE  TOP